おりものと病気〜気になる臭い・量・色〜

おりものの臭いや量が気になる方へ

そもそも正常のおりものってどんな臭い?


おりものの臭いや量は個人差がり、生理時期・妊娠等時期によっても大きく変化します。
一般的に正常なおりものの臭いは、ちょっと酸っぱい感じ・色は乳白色(個人によってはやや黄色が強めになる)をしています。

臭いや色の感じ方は人それぞれ違いますのではっきりと断定することは難しい面もありますが、異常な臭い(何か物が腐ったような/異様に生臭い)等がない場合にはそれほど心配になる必要はありません。


〜膣内の浄化作用〜

おりものは、膣内または子宮へ侵入しようとする細菌から守る役割をしています。
おりもの自体が酸性でできているために、においがちょっと酸っぱい感じがするのはそのためです。
たまに、黄色が強くなることがありますが、それはおりものと細菌が戦った証拠で、おりものと一緒に負けた細菌がでてきたとも言えます。
ただ、どろっとした黄色いおりものが続いている場合は感染症や炎症を起こしていることもあるのですぐに診察をお願いすることが大切です。

〜妊娠の手助け〜

おりものには精子をスムーズに運んで妊娠を手助けする役割もあります。
特に、排卵期が近づいてくると量が多く水っぽいおりものが現れるのはそうした働きのためです。


病気じゃないのに臭い/量が気になる

下り物の臭い

病気ではないのに、おりものの臭いがちょっと気になるという方もいらっしゃいます。
上記で述べたようにおりものは個人差・体質によって差が大きいという特徴があります。
また、おりものの汚れはタンパク質が中心なので、それが臭いをキツめにする原因にもなっています。
ただ、臭いが気になるからといって石鹸等で洗いすぎるのは注意が必要
多くの石鹸等は洗浄力が強く、お肌の保護機能までも傷つけてしまう場合があり、特にデリケートゾーンの皮膚は体の中でも大変敏感な部分です。


悪臭は病気(性感染・子宮がん等)に関係も

おりものとにおい

おりものの臭い・色等がひどい場合、病気(性感染・子宮ガン等)に関係している場合があり、中でも性感染症には日頃から気を付ける必要があります。
悪化させてしまうと、子宮や卵管まで菌が侵入し、新たな合併症を引き起こす原因にもなりますので、強い悪臭・おりものの色の異常(色・量の変化)等を感じた場合は、放置せずに早目に婦人科で診察することが大切です。
一方、これらの症状がでる場合は異常だなと判断することができますが、性感染症の多くは潜伏期間が長く、目立った症状が見られない場合も多くあります。
いつの間にか、自分が感染していたり、パートナーにも感染させてしまっているケースも。
定期的な検査は大切ですが、病院に行きづらい方や時間のない方もおり、なかなか早期発見が難しい場合もあります。
現在では、性病検査キット等も販売されていますので、何か心当たりのある方はそれらを利用するのもいいかもしれません。


当サイトについて

当サイトでは、おりものの臭いや量・色等でお悩みの方へ、関係する婦人科の病気(性病・膣炎・子宮炎等)について紹介しています。下り物は時期やその方の体質・精神的なバランス等により大きく変化し、健康のバロメーターでもあるので、何か異常、いつもと違うといった場合にはすぐに診察をお願いすることが大切です。オリモノでお悩みの方に、当サイトが少しでもご参考になれば幸いでございます。