症状別で検索「血が混じっている・ピンク・茶褐色・黒い」

ピンク

血が混じっているオリモノの原因はさまざま

ピンクっぽい色や茶褐色、人によっては黒いかたまりのようなオリモノが見られる方もいますが、こうした色のオリモノは血が混じっている証拠。ただ、血が混じっているいるからといって、すぐに病気と判断する必要はありません。生理直後や妊娠等の影響で血がおりものに混ざる場合は多くあります。

気をつけたいのは、特別の理由もなしにこうした色のオリモノが続いたり、他に悪臭や痛み・かゆみ等の症状が伴っている場合。不正出血といいますが、子宮頸がんや膣内の炎症等が関係していることがあります。下記に、オリモノに血が混じる主な原因を紹介していますが、下り物には個人差が大きいため必ずしも下記のように当てはまらないケースも多々あります。何か異常を感じたらすぐに専門医への相談をオススメいたします。

茶色い・ピンク色・黒いおりものの主な原因

不正出血

不正出血は生理以外で起こる出血のことをいいます。この不正出血は、性病菌やその他の菌が膣または子宮・卵管等に侵入し炎症・出血を伴うことが主な原因。おりものに血が混じり、ピンク色や茶色等へと変化していきます。性感染症の中には症状が出にくいものもあるので、細菌が子宮内まで入り、初めて織物の異変やその他の症状(排尿時の痛み・かゆみ・下腹部の違和感等)を伴う方もいらっしゃいます。原因不明の出血やあきらかにおりものに異常を感じる場合等は専門家への早めの相談が必要です。

生理・排卵前後・高温期にみられる出血

生理前はおりものの量の増加や臭いが多少きつめになります。この時期の茶色い下り物には、着床出血(受精した卵子が、子宮内に定着するときに生じる際の出血)・生理の出血・不正出血といくつかの可能性があります。高温期が続いた状態で茶色い織物があるなら、妊娠の可能性も疑われますが、その後生理がくる方もいらっしゃいます。また、排卵日前後には多少の出血がみられるのが一般的。ただ、それらの出血が不正出血である場合もあるので、その他の症状(痛み・痒み等)があるかどうかにも注意が必要です。

妊娠(初期・中期・後期)/産後にみられる出血

妊娠後期の茶色い下り物は、「おしるし」という出産のサインなのでそれほど心配する必要はありません。また、妊娠初期/中期に多少の出血がみられることがありますが、個人や、出産経験等によりこうしたオリモノが多く見られる方、それほどみられない方がいらっしゃいます。産後は、心身的に正常な状態に戻るまで時間がかかり、生理も始まるまで半年から一年かかる方もいらっしゃいます。その間、生活の環境等でおりものが黄色だったり、茶色に感じたりと変化することが多々あります。

黒いおりものは古い血の出血が関係

黒い色をしたおりものの多くは、溜まっていた古い血が出血した場合に多く見られます。人によって体質は違いますので、例えば生理中、経血が溜まりやすくなかなか出にくい方も。生理が終わった頃にそうした血がおりものに混じって出るということが見られます。他に、妊娠中、特に妊娠初期の場合まだ胎盤が未熟なためにおこる出血の場合もあります。ただし、黒いおりものに悪臭がある・長い間続いている場合には、子宮関係の異常(子宮筋腫やその他炎症)等の可能性もあり、婦人科で診察を受けることが大切です。

デリケートゾーン用ソープ 検査キット