症状別で検索「かゆみを伴う」

かゆみ

かゆみを伴う場合は性病感染の可能性大!

下り物に特に異常がなくかゆみがあるといった場合、皮膚のかぶれや軽い炎症の可能性がありますが、おりものの異常(特にどろっとした黄色・悪臭等)・かゆみを伴っている場合、その多くは性感染症(STD)の可能性がグッと高くなります。

ただ、こうした症状が出れば、何か異常があるなと判断しやすいですが、細菌によっては特別な症状がでないことも珍しくありません。主に感染症は性行為からが多く、自分だけではなくパートナーにも感染させてしまう可能性があります。

いつの間にか感染していたというケースは多く、日頃からの衛生管理はもちろん、何か異常を感じたら病院での診察を心がけることが大切です。

異常なオリモノ・かゆみを伴う場合の原因

カンジタ

陰部にかゆみを伴う代表的な性病。真菌(カビの一種)が膣内で繁殖することで、かゆみ・悪臭の他、オリモノが豆腐のカスやヨーグルト状に変化してきます。性交渉による感染が主ではありますが、真菌は元々体内にいる菌で、免疫力が低下している場合にも増殖・炎症を起こします。口やのどのまわりにも感染する場合もあり、日頃から衛生面・健康面に気をつけなければいけません。また、これらの症状がでない方もおり、知らない間に相手に感染させてしまったりする場合があります。

膣トリコモナス

ゾウリムシのような小さな虫による性感染症で、陰部・膣に強いかゆみを引き起こします。また、黄緑色・水っぽい泡状で悪臭のある織物を伴うことが多いのが特徴。この虫ははもちろん肉眼では見ることはできませんが、実は便座や清潔でないタオルなどにもおり、幼児にも感染する場合もあります。膣トリコモナスもカンジタと同様、人によって症状がでない場合もあり注意が必要です。

細菌性膣炎

この膣炎は非特異性膣炎ともよばれており、主に特定の細菌(カンジタ・クラミジア・トリコモナス等)以外の細菌が繁殖・炎症を起こしています。ただ、検査をすると他の性病に同時感染している場合も多くあります。症状としては、かゆみを生じる場合、おりものの色や臭いに異常を感じる場合と様々ですが、それほど症状が目立つわけではありません。

デリケートゾーン用ソープ 検査キット