症状別で検索「黄色オリモノ」

他の症状(かゆい・悪臭等)を伴う黄色いオリモノは注意

黄色い下り物の正体は「膿(うみ)」。膿は、膣内でおりものが細菌と闘っている/闘った証拠。疲れ・ストレス・時期等で黄色みがかる場合はよくあるので心配する必要はありません。ただ、強い臭い(生臭さ・魚の腐敗臭等)・痒み等の症状が伴うのであれば性感染症・膣関連の病気を疑う必要があります。また、感染症によっては症状が見られない場合も多く、定期的な検診も予防策としては効果的です。特に、性交渉を活発に行う方は日頃からおりものに注意を払っておくことが大切です。

◇黄色いおりものが関係する病気・疾患◇

クラミジア感染症 性病の中で感染者が最も多い感染症。膿性のどろっとした、痰のような黄色いオリモノに、悪臭が伴うことが多いですが、水っぽい黄色い織物が多く出るようになることもあります。また、こういった症状が出ず、感染していることに気付かない方も多くいらっしゃいます。そのため、菌が子宮へ侵入することもあり、不妊症や母子感染を引き起こすこともあります。
淋菌感染症(淋病) クラミジアと同時感染している場合がある性病。こちらも織物が無臭だったりと症状を感じない方も多いですが、特徴的な症状としては、下腹部の痛み・膣からの出血・微熱等が挙げられます。
細菌性膣炎 非特異性膣炎ともよばれており、クラミジア等の特定されている菌以外からの感染。性感染症ではありませんが、他の性病と同時感染していることもあり、黄色いオリモノだけでなく悪臭のある灰色のおりもの・水っぽいおりものが見られる場合もあります。自覚症状がでないこともあるので注意が必要です。
老人性膣炎 更年期・閉経後にみられる膣炎。おりものは、年齢とともに減少しがちになり膣の浄化作用が弱まってきますので、細菌等に感染しやすくなります。老人性膣炎の場合、粘り気のあるどろっとしたかたまりのような黄色いおりもの・強いすっぱい臭い・性交時の痛み/出血等が増える傾向にあります。
子宮頚管炎子宮内膜炎/卵管炎 性病を引き起こす細菌やその他の細菌が、子宮頚管(膣と子宮をつなぐ管)や子宮内・卵管に侵入しておこる炎症。主に黄色いおりものが現れますが、下腹部の痛み・出血・微熱等、症状が悪化するにつれ顕著になっていきます。
子宮膣部びらん 女性ホルモンが活発に行われる年齢の7割ぐらいの女性にびらんがあるといわれており、特別な治療をしなくても徐々に消えていきます。黄色いおりものの他、白いおりものもでることがあり、注意点として、びらんは子宮頚がん(子宮と膣をつないでいる部分に現れるがん)に症状が似ており、おりものの異常・出血等があまりにもひどい場合は、一度診察されることをオススメします。

そのほかの黄色いおりものが出やすい場合

病院

●生理前 - 生理前のおりものは白もしくは若干黄色気味ですが、妊娠の可能性がある場合の生理前は、より黄色気味のオリモノを感じる方もいらっしゃいます。

●排卵後 - 排卵が終わると、おりものは粘着性を帯び黄色く変化してきますので、悪臭や異常な色等が見られなければ特に問題はないとされています。

●妊娠・産後 - 妊娠中も、おりものが黄色気味という方が多いですが、妊娠中は免疫力の低下等もあり、細菌検査等を定期的に行うことが大切です。また、産後は、すぐに生理が始まるわけではありませんし、ホルモンのバランスが戻るまで時間もかかります。おりものは、茶色または、黄色をしていることがあり、身体に負担をかけないことが大切です。

黄色い下り物は、病気や病気じゃないに関わらずよく見られますが、ちょっと危ない黄色い下り物との見分けるポイントは、きついニオイがあるかないか・その他の症状(かゆみや痛み・赤み・膣からの出血等)・ストレスや疲れで免疫力が低下していないか。異常を感じたらすぐ専門家への診察をお願いしましょう。

区切り

デリケートゾーン用ソープ 検査キット