更年期・閉経後のおりもの ― 量・色・臭い等の変化

更年期・閉経

40代からゆるやかな減少傾向

オリモノは女性ホルモン(エストロゲン)の量に比例し、年齢とともに量も減少。ただ、エストロゲンが減少すると膣内の雑菌が増加しやすくなるため、代わりに下り物が多く分泌されることがあります。この現象は40代前半に多くみられ、その後50代・閉経後につれ織物の量は減少していきます。

量の変化 更年期初期の頃は、上記で話したように一時的に量が増加する場合も。※もし、あまりにも大量にオリモノが分泌される場合は、病気の可能性もあるので注意。ただし、一般的に40代後半・閉経に向かうにつれ量は減少していきます。
色・状態の変化 個人差はありますが、黄色や茶褐色でトロみがかかったのオリモノが多くなります。※織物の減少で膣内の浄化作用が落ちるため。こうした織物は雑菌と戦った証拠で、それほど心配する必要はありません。尿漏れのようなサラッとした水っぽいおりもの(白い下り物が出る方も)が多く出る場合、子宮系の病菌が関係している場合があります。
臭いの変化 女性ホルモン・下り物の減少で、膣内で雑菌等が増えるようになり、ニオイは少々きつめになります。但し、強い悪臭やその他異常な下り物の色が伴っている場合は、感染症・炎症等を疑う必要があります。

下り物が減少することで高まるリスク 老人性膣炎・性感染症・子宮がん等

リスク

いつもと違うと感じたらすぐに婦人科へ!

おりものの減少により、どうしても膣内の浄化作用が弱くなるので、膣内で細菌の繁殖に適した環境が優位になります。

免疫力が落ち炎症等にかかりやすくなっていきますが、中でも注意が必要なのが老人性膣炎。更年期や閉経後に現れやすく、症状は、悪臭(伴わないこともある)どろっとした黄色のおりもの・出血による茶色いおりもの性交時の痛み等が挙げられます。

また、血が混じっているオリモノは子宮がん等の可能性もあるので、異常を感じたらすぐに診察をお願いすることが大切です。

区切り

デリケートゾーン用ソープ 検査キット