病気じゃないのに下り物の臭いが気になるのは洗いすぎかも!

洗いすぎ

ニオイの原因は下り物じゃない場合が多い

下り物の悩みで一番多いのが、においケア。おりものは、酸性でタンパク質が含まれています。そのため、少々すっぱかったり、生臭い感じの臭いはありますが、それでもオリモノ自体が強い臭いを発生させるわけではありません。

問題は、ニオイが気になるからといってデリケートゾーンを洗いすぎること。中には、膣の中も石鹸等で洗浄する方がいらっしゃいます。実は、これがオリモノ、正確にはデリケートゾーンの臭いを悪化させている原因(※もちろんSTD等の性感染症の場合はその限りではありません)。

皮膚にはニオイや炎症の元になる悪玉菌と戦っている常在菌(善玉菌)がいますが、これらも洗い落としてしまうと、悪玉菌が増え臭い等が引き起こされます。そもそもオリモノ自体は外部から細菌等侵入をブロックしてくれるなくてはならないモノ。石鹸等でゴシゴシと下り物までも洗いながそうとすると、大切なバリア機能を失い、性感染症・膣内炎症等にかかりやすくなります。そうなると、症状として悪臭を放つ下り物が発生していきます。

デリケートゾーンの皮膚は体の中でも大変敏感な部分ですし、下り物自体が決して悪いわけではありません。洗う際は、陰部まわりのみで十分。そして、皮膚の菌バランスを崩さないようゴシゴシ洗ったり、洗浄力が強いソープを使うのは控えましょう。

織物(オリモノ)のにおい対策にはデリケートゾーン専用の石鹸がおすすめ

デリケートゾーン

市販の石鹸やボディーソープも、デリケートゾーンを洗うにはちょっと洗浄力が強めのものが多いので、できることならデリケートゾーン専用の石鹸・ソープを使用するのがおすすめ。低刺激で殺菌成分等が配合されているアイテムが多く、肌に余計な負担をかけません。値段自体はちょっと高めにはなりますが、それでも肌への負担を考えると多少の投資は必要です。下り物のにおいケアで悩んでいるのであれば、一度試してみるのも悪くありません。もちちろん、上記でも説明しましたが、ゴシゴシ洗いはNG。織物(オリモノ)は私達女性には必要なモノ。あくまで陰部周りやアンダーヘアーを優しく洗うぐらいで十分です。本来備わっている常在菌のバランスが整えば、自然にニオイも改善されてきますよ♪

矢印 気になる臭い対策におすすめ♪デリケートゾーン専用ソープ一覧