症状別で検索「無臭だがオリモノの色・状態が気になる」

無臭

生理周期等で下り物の色・状態は変化する!

オリモノは臭くないけど、色や量、状態(ネバネバ・水っぽい等)が気になる方がいらっしゃいます。確かに、無臭の下り物でも性感染症やその他疾患と関係していることがありますが、その場合、明らかに他の症状(異常な色・状態・痒み等)を伴うのがほとんど。なおかつ、強いおりもののニオイも出やすくなります。

基本的に、オリモノは生理周期・妊娠・ストレスの影響を受けるため、ベタベタしたり、さらさらのオリモノになったり、多少黄色み・茶色(生理後等の出血)を帯びることが多々あります。こうした際、強いニオイ・かゆみや痛み等がないオリモノであればそれほど心配する必要はありません。下記に、織物が無臭でも注意が必要な病気を紹介していますが、症状の出かたには個人差が大きいため、気になる症状が続く際は診察をお願いすることが大切です。

オリモノが無臭でも気を付けなければいけない病気・疾患

カンジタ

カビの一種である真菌が原因。性行為での感染の他、免疫力の低下により菌が増殖、症状を引き起こすことがあります。下り物のニオイは伴わないことが多いですが、クリーム状や酒粕のような白いオリモノが代表的な特徴。その他、性器の強い痒みも。体調管理・菌が繁殖しないような環境つくり等、普段から衛生面に気を使うことも大切な予防になります。

膣トリコモナス

性行為だけでなく、便器や使用済みのタオル等からも感染することがあります。そのため、大人だけなく子供でも感染するケースも。おりものの強い臭いを伴うことがほとんどですが、まれにニオイがない方もいらっしゃいます。ただ、感染すると、泡状の緑・黄緑色のオリモノが見られるようになります。他に、痒み・水っぽいおりものの増加を伴う場合もあります。

クラミジア - 症状が出にくく感染者数が最も多い性感染症(STD)

下り物にニオイが出にくい体表的な性感染症の1つで、感染しても最初は無症状。初期の段階では症状が出たとしてもすぐにおさまることもありなかなか感染に気が付きません。淋病と同時感染していることが多々あります。特徴的な症状としては、ネバネバした黄色いオリモノ・水っぽい下り物・排尿時の痛み・下腹部痛等が挙げられます。知らない間にパートナーに感染させてしまうことが多く症状がなくても定期的な検査が大切です。

子宮頚管炎

基本的には、強い悪臭を放ち、他の症状として、膿に近いゼリー状の黄色い・白色・血が混じっている赤茶色等のオリモノが特徴的。ただ、炎症の初期段階では、無臭だったりその他症状もでにくく、見逃されることがあります。放置しておくと子宮内膜炎等を引き起こす可能性があり、不妊につながることもあるので注意が必要。

胃腸機能の低下 - 水っぽいサラサラしたオリモノが増加することも

胃腸が疲れている時、または体がむくんでいる状態等の際に、こうした水のような織物が多くでる場合があります。上記のクラミジアに感染している際にもこうしたオリモノがでる場合がありますが、大抵は、その他の症状も出るため感染に気付きやすくなります。もちろん、こうしたオリモノが続く・大量に半端ない量がでる等の場合は、他の病気が関係していることがあるので、早めの診察が大切です。

デリケートゾーン用ソープ 検査キット