症状別で検索「ネバネバ粘り気がある・伸びる)」

粘り気

排卵期から生理前にかけてよく伸びる粘り気のあるオリモノが増加していく!

ネバネバと粘り気のある織物が多いと心配になることが多いですが、「排卵期・生理前」にはこうした下り物が見られます。

よく伸びる状態で、色も白色や黄色、または多少の出血により茶色っぽい感じのものがでることも。この時期のこの変化は、下り物が正常な証拠なので、特に心配する必要はありません。

基本的にニオイにはそれほど影響が出ませんが、生理前になるとちょっとキツメに感じられる方がいらっしゃいます。

問題は、こうした下り物の他に、悪臭(ものすごく酸っぱい・腐敗臭等)や痒み・下腹部等を伴うこと。その場合、性病・その他病気(膣炎・子宮頚がん等)の恐れがありますので、できるだけ早く病院での検査をお願いすることが大切です。

粘ついたオリモノが関係している性感染症・疾患

クラミジア・淋病

クラミジアと淋病は相性が良く同時感染していることが多いのが特徴。感染しても症状が出にくい場合もありますが、特徴的な症状は、強い臭い・ドロッとしたぷるぷるした痰のような黄色い下り物。もしくは、血が混じった粘り気のある下り物等。他に、かゆみ・下腹部痛も伴う場合が多々あります。全ての症状が一緒に現れる場合もあれば、単発的にでる場合もあり、なかなか感染に気が付きにくい性感染症です。

カンジタ

ネバネバしたヨーグルトのような白いオリモノが代表的な特徴。酒粕のようにポロポロとした感じの織物が見られることもしばしば。性器の強いかゆみを伴います。こちらも、上記2つの感染症と同じように、人によって症状の出方に違いがあります。性行為だけでなく、疲れ等で免疫力が下がっている時にも繁殖しやすいので、注意が必要です。

細菌性膣炎・子宮系疾患

症状が進行するにつれて、粘り気のあるドロッとした白い・黄色い・赤茶褐色等のオリモノが見られるようになります。その他、下腹部痛・悪臭等も代表的な症状。年齢に関係なくこうした炎症・疾患を患うことはありますが、更年期になるにつれ患者数が増える傾向にあります。(年齢とともに下り物の量が減少し、膣内での細菌が増えやすい環境になるため。)

デリケートゾーン用ソープ 検査キット