妊娠・産後のおりもの ― 量・色・臭い等の変化

リスク

個人差が大きい妊娠中・産後のオリモノ!

基本的には、妊娠すると女性ホルモンが増加するため、それに比例して織物の量も多くなるのが一般的。着床後、透明で水っぽい織物が多くなることが多いですが、まったく変化がない方もいらっしゃいます。妊娠中の下り物の変化にはとにかく個人差が大きいため、一概に症状を限定することはできません。

ただ、やけにオリモノが臭う、白いかたまりがある、黄緑色等の症状がある場合は、性感染症(カンジタや膣トリコモナスetc)・膣内炎症が考えられるので注意が必要です。

区切り

おりものの変化「妊娠初期・中期」

個人差はありますが、妊娠の超初期症状として、着床した場合粘り気が少なく水っぽいサラサラした下り物が増える方がいらっしゃいます。妊娠すると女性ホルモン分泌が活発になり、おりものの量自体は基本的には増加傾向。この時期のおりものの色はやや黄色気味と感じる方が多く、たまに出血を伴った茶色または黒色のおりものがでる方も。出血自体は、妊娠中は何度かあることなのでそれほど心配しなくても大丈夫ですが、量の多い鮮血での出血・悪臭には注意が必要です。

おりものの変化「妊娠後期」

妊娠後期から臨月に向けて、子宮内では本格的に出産の準備が行われていきます。出産がもうすぐですよと知らせる「おしるし」が有名で、量も増え茶色いおりものが現れるようになります。ハンパない織物の量や、悪臭・かゆみ等の症状がなければ、特に心配する必要はありません。もちろん、いつもと違うと感じたらすぐに医師に相談して下さい。性感染症や膣内の炎症が関係している場合があります。

おりものの変化「産後」

産後は、体が元に戻るまで大変時間がかかりますので、あまり無理をすることは良くありません。この時期は、出産・育児疲れで免疫力も低下している場合が多く、感染症/炎症を起こす方もいらしゃいます。産後のおりものも個人差があり、黄色気味が多い方・茶色/黒いおりものがある方等。生理が始まるまで一年間ぐらいかかる方もおり、前兆として茶色いおりものがでる場合もあります。

デリケートゾーン用ソープ 検査キット