症状別で検索「オリモノの量が多い」

多い

排卵時期とズレて大量に出る・下り物が多い他に臭い・痒み等もある場合は要注意!

生理前後でもお話ししたように、オリモノの量は生理周期で増減を繰り返しています。量だけでなく色・状態も変化するのが一般的で、周期間で、透明で水っぽい・ドロッとしたゼリー状等、その時期特有の特徴的な下り物が見られます。また、妊娠の初期では、サラサラした透明色のおりものが増えることも多々あります。

増えるべき時期に増えるオリモノであれば特に問題はありませんが、気を付けたいのは、オリモノが多い時に、ニオイ・かゆみ・下腹部痛・出血・あまりにも大量に出る・異常な色等を伴っている場合。そうした原因は、性感染症・子宮系疾患等の可能性があります。

◇オリモノの量が多い場合に注意したい感染症・疾患◇

性感染症・炎症名 下り物の傾向 下り物以外の症状
クラミジア ドロッとした黄色い下り物で臭いを伴う場合と無臭の場合があります。 排尿時の痛み・下腹部痛・出血
膣トリコモナス 黄色・緑色の泡状の下り物が多い。サラサラと水っぽい場合もあります。強い臭い出ることが多い。 陰部の強いかゆみ・灼熱感等
カンジタ ニオイが出にくい感染症。ヨーグルト・カッテージチーズのような粘り気のある白い下り物が増える 陰部の強いかゆみ
子宮膣部びらん 無臭、透明の下り物が大量にでる場合。ネバネバした白い又黄色いオリモノが見られる場合も。基本的に、病気ではないので特別な治療は必要ありません。 特にナシ
胃腸の不調 透明で水っぽい織物が大量に出る場合も。胃腸の働きが弱っている可能性。ストレス・生活習慣等も胃腸には影響するので注意。 特にナシ

ストレス・疲れ・ダイエット等も織物に影響 生活習慣の見直しも大切!

ストレス

ストレスや疲れ・過度なダイエットの影響を受けると、膣内の免疫力が落ち細菌が増えがちに。そうした場合、オリモノはこうした細菌と戦い黄色の色をした下り物が増えることもあります。状態もトロみがあったり水っぽかったりと様々。この色は、オリモノが細菌と戦った証拠。また、ニオイもいつもより酸っぱいオリモノが多いと感じるようになります。

免疫力が落ちると、上記の性感染症等にも感染しやすくなるので、最近ちょっと疲れてるなぁ...と感じてる時は、栄養をしっかり摂ってリラックスを心掛けましょう。特に、更年期は織物の量が減り免疫力が弱くなっているので、より日頃の心身のケアが重要になっていきます。

区切り

デリケートゾーン用ソープ 検査キット