症状別で検索「白いオリモノ」

白い

いろいろな時期で変化する白いオリモノ

あまりにもドロッとして白い・逆にサラサラと水っぽい白いオリモノや悪臭・かゆみ等を伴わない場合であれば、そうした下り物はそれほど心配はいりません。

人によっては、乳白色だったり薄く白く濁っている下り物が正常という方もいらっしゃいます。基本的に下り物の色は生活習慣(ストレス・不規則な生活習慣・ダイエットetc.)・生理周期や妊娠等によって大きく変化していきます。

白いオリモノを伴う主な原因

カンジタ

カンジタ菌は元々口の中にもある細菌で、性交渉からの感染の他、ストレスや病気等で免疫力が弱っているときにも感染することがあります。症状としては、下り物がちょうどカッテージチーズのような白いカスのように変化していき、悪臭・陰部全体のかゆみを伴ってきます。白くなったかたまりのようなオリモノがでる方もおり、異常を感じた場合は早急に医師の診察が必要です。

子宮頚管炎

性病菌やその他細菌が子宮頚管(膣と子宮の入り口)に入り炎症を起こします。症状は、どろっとした白いおりものや逆にサラッと水っぽくニオイを伴う下り物・黄色い織物が見られ、その他、下腹部の違和感や微熱等も伴うことがあります。ただ、これらの症状がでない方もおり、知らない間に炎症を起こしている場合もあるので注意が必要です。

子宮膣部びらん

びらんは、病気等ではなく若い女性に多くみられます。女性ホルモンの分泌が深く関わっており、特別な治療が必要というわけではありません。ただ、どろっとした白いおりもの・黄色いおりものを伴うことがあり、症状が子宮頚がん(子宮と膣の入り口部分にできるガン)に似ていることから、こういった状態が続く場合は注意が必要です。

生理・排卵日・妊娠初期 - 感染・炎症等と関係のない白いオリモノ

個人差はありますが、「排卵前 白く伸びるおりものが増える⇒排卵日 色が白から透明に変化・より伸びるおりもの⇒排卵後 白くベタツキのあるおりもの・粘り気の減少⇒生理前 ネバネバがより強くなる・伸びの減少・茶色いおりものが見られる⇒生理後 ベタツキのある白いおりもの・伸びの増加」」といったように変化する場合が多く、悪臭等を伴い場合はそれほどナーバスになる必要はございません。また、妊娠初期症状としても白い下り物がでる方が多くいらっしゃいます。

デリケートゾーン用ソープ 検査キット