そもそもオリモノって?知っておきたい下り物の豆知識

織物

女性の健康に欠かせない「大切なオリモノ」

おりものは、子宮や膣の分泌物の集合体。上から下りてくるということから、帯下(こしけ)・下り物ともいいますし、最近だと織物で検索する方も増えています。ベタついたりニオイが気になる方も多く、正直厄介者扱いされることも少なくありませんが、女性の健康にとって大切な役割を果たしています。

その役割の1つは、膣内の浄化作用。おりものは、膣内または子宮へ侵入しようとする細菌から守る役割をしています。たまに、黄色が強くなることがありますが、それはおりものと細菌が戦った証拠で、おりものと一緒に負けた細菌がでてきたとも言えます。ただ、どろっとした黄色いおりものが長く続いている場合は感染症や炎症を起こしていることもあるのですぐに診察をお願いすることが大切です。2つ目は、妊娠の手助け。おりものには精子をスムーズに運んで妊娠を手助けする役割もあります。特に、排卵期が近づいてくると量が多く水っぽいオリモノが現れるのはそうした働きのためです。

下り物の量・臭い・色は「生理周期・妊娠・年齢・ストレス等」で変化

生理周期

おりものの臭いや量・色には個人差があり、生理時期・妊娠等時期によって大きく変化します。特に、下り物と卵胞ホルモン(エストロゲン)は結びつきが強く、排卵日に近づくにつれ量も増加。また、量に関しては年齢も関係しており、女性ホルモンが多い20代・30代に一番分泌され、その後は徐々に減少していきます。

その他、カラダの免疫力が下がるような不規則な生活・ストレスも下り物に影響を与えます。一般的には、下り物は酸性でちょっと酸っぱい感じのにおい・色は乳白色(個人によってはやや黄色が強めになる)をしており、異常なほどの量や強い臭い(何か物が腐ったような/異様に生臭い)・色味が強いオリモノでなければ、それほど心配する必要はありません。

悪臭や色味が強いオリモノは病気(性感染・子宮がん等)の可能性も

産婦人科

おりものの臭い・色等がひどい場合、病気(性感染・子宮ガン等)に関係している場合があり、中でも性感染症には日頃から気を付ける必要があります。悪化させてしまうと、子宮や卵管まで菌が侵入し、新たな合併症を引き起こす原因にもなりますので、強い悪臭・おりものの色の異常(色・量の変化)等を感じた場合は、放置せずに早目に婦人科で診察することが大切です。

一方、これらの症状がでる場合は異常だなと判断することができますが、性感染症の多くは潜伏期間が長く、目立った症状が見られない場合も多くあります。いつの間にか、自分が感染していたり、パートナーにも感染させてしまっているケースも少なくありません。

定期的な検査は大切ですが、病院に行きづらい方や時間のない方もおり、なかなか早期発見が難しい場合もあります。現在では、性病検査キット等も販売されていますので、何か心当たりのある方はそれらを利用するのもいいかもしれません。

矢印 時間がなくても自宅から簡単チェック!検査キット一覧